基礎代謝とは・・・

 

せっかく多くの時間をかけて、多くの汗を流し、一生懸命に頑張っても、その効果は、ほんの微々たるもの・・・というウォーキングやジョギング、サイクリングなどの有酸素運動よりも、まずは、基礎代謝量を高めることを考えたほうが効果的です。

ダイエットの手法としては、いかに1日あたりの総消費エネルギーを高めるか・・・ということが大切なポイントになり、さまざまな運動を取り入れていますが、基礎代謝量を高めることができれば、特別な運動をしなくても消費エネルギーの高い生活が送れて、しかも、痩せやすい体に変り、その後のダイエットもスムーズに行えるようになります。

そんな基礎代謝量とは、心臓や内臓を働かせたり、体温を保ったり、呼吸をしたり、消化をするなど、生命を維持するために最低限必要なエネルギー代謝です。

そして、この基礎代謝量は、一般的な生活習慣を送っている人なら、1日の総消費エネルギーの60~70%を占めることになります。

ですので、例えば、1日の総消費エネルギーが2000キロカロリーの人は、1200~1400キロカロリーが基礎代謝による消費ということになります。

これに対して、残りの600~800キロカロリーは、活動代謝という消費です。

活動代謝は、普段の日常生活の中で体を動かした時に使われるエネルギー消費で、ダイエットのための運動、もちろんウォーキングやジョギング、サイクリング、エアロビックスなどの有酸素運動も、この活動代謝になります。

また、どんなに活動的な人でも、基本的には、この活動代謝量が基礎代謝量を上回ることはありません。

では、どうすれば、簡単に基礎代謝量を高めることができるのでしょうか?

体の中で、基礎代謝量の半分近くを担っているのは筋肉です。

筋肉は体の熱の半分以上を生産しているので、最大の基礎代謝の消費器官となるわけです。

ですので、筋力トレーニングなどの無酸素運動で筋肉を鍛えて、筋肉量をアップすれば、自然と基礎代謝量が高まります。

ダイエットを始める時は、まずは、筋力トレーニングで筋肉を鍛えて、基礎代謝量を高めて痩せやすい体を作ることを考えましょう。

とは言っても、特別に、スポーツジムなどに入会して、トレーニングしなければならないというわけではありません。

自宅で、たった数分で簡単に行えて効果のあるエクササイズはたくさんありますので、インターネットなどで調べてみて下さい。

筋力トレーニングを行って上で、有酸素運動を加えれば、最も効果的なダイエット運動になります。