まずは、ダイエットの基本を学んでから・・・

 

私は、社会人になってから30歳代後半までテニスにのめり込んでいました。

毎週、週末は、草トーナメントに出場し、平日は、仕事が終わってから約2時間のテニス練習。

さらに、空いた時間はトレーニングという体を休める時間もないほど体を動かしていました。

ですが、40歳を過ぎて、仕事が忙しくなり、なかなか思うようにテニスやトレーニングができなくなってしまい、ガタッと運動量が減り、その結果、あっという間に約10キロも太ってしまいました。

運動量が減ったのに、今までと同じ食事を摂っていれば当然のことですが・・・
さすがに、10キロも体重が増えると、今までコートの中で素早く動けたフットワークも、なかなか思うように足が動いてくれません。

こういう状態に陥ってしまうと、あれだけ大好きだったテニスも、コートに向かうという気が起きなくなってしまいます。

試合に負けたすぐ後は、悔しくて、「もうテニスなんか、ヤメル!」なんて、よく言ったものですが、実際に、テニスをやらない日が続くと、なんとなく気が抜けて、楽しみも、目標もないダラダラとした生活を続けているような毎日でした。

そんな中、ある日突然でしたが、「これじゃダメだ!」と気を入れ直して、テニスができる体を作り治すために、ダイエットを始めることにしました。

ですが、そう簡単には体重が減ってくれません。

気持ちはダイエット中なのですが、食事量を減らすわけでもなく、以前のような運動量をこなすわけでもなく・・・

体を鍛えるトレーニング知識はあったのですが、ダイエットの知識は全くなかったので、今から思えば、痩せられないのが当然です。

どうしても、ダイエットと言えば、無理して食事量を減らさなければならない・・・という思い込みが強くて、無理な食事制限をしてしまいますが、これが大きな間違いです。

ダイエットを志しても、多くの人が挫折して諦めてしまうという大きな原因は、無理な食事制限だけによるダイエット法です。

確かに、大幅に食事量を減らして数日間過ごせば、体重は減っていきます。

ですが、この減った体重も一時的なもので、食事制限を止めた途端に、あっという間にリバウンドで激太りしてしまいます。

もし、減った体重を維持したいのなら、一生、無理な食事制限を続けなければならないというわけです。

もちろん、そんなことは無理なことで、人の体は、必要な栄養素を摂り、ある程度のエネルギーをしっかり摂取しなければ生きていけません。
現在、私は50歳代になりましたが、30歳前後の体重に戻すことができ、元気にテニスを楽しむことができています。

私がダイエットに成功したのは、正しい手法のダイエットを学んだからです。

これからダイエットにチャレンジしようと考えている人は、まずは、自分自身でダイエットの基本についてしっかり学んでみましょう。

正しい手法のダイエットなら、無理なく行えて、しかも、健康的に痩せられます。